ティラノスクリプト︰テーマ一括変換プラグインの導入方法

ティラノスクリプトv440以降から実装されたサードパーティプラグイン機能対応の
テーマ一括変換プラグインの導入方法および基本的な使いかたを説明しています。


プラグインのダウンロードは下記からどうぞ


カテゴリ:テーマ一括変換プラグイン

ティラノスクリプトv440以降で使用できるプラグインです。システム周りのデザインを丸ごと着せ替えることができます。一部のデザインはティラノビルダーにも収録されています。


ご注意:ティラノビルダーをご利用の方へ


テーマ一括変換プラグインはティラノスクリプト用のプラグインのため、ティラノビルダーでは正常に動作しない可能性があります。ティラノビルダーの《UI一括変換機能》に同デザインのテーマが収録されておりますので、そちらをご利用くださいますようお願いいたします。



プラグインのファイル構成


テーマによって多少の違いはありますが、基本的には以下の構成になっています。

theme_xxx(テーマプラグインのフォルダ名)
html
┃┣ backlog.html・・・バックログ画面用のHTMLファイル
┃┣ load.html・・・ロード画面用のHTMLファイル
┃┣ menu.html・・・メニュー画面用のHTMLファイル
┃┗ save.html・・・セーブ画面用のHTMLファイル
image
┃┣ button・・・ロールボタン
┃┣ config・・・コンフィグ画面の素材
┃┣ system・・・その他システム画面の素材
┃┗ frame_message.png・・・メッセージウィンドウ
config.ks・・・コンフィグ画面用のシナリオファイル
init.ks・・・テーマ機能設定用のシナリオファイル
xxx.css・・・専用 glink 設定ファイル



プラグインの導入方法


1.テーマ一括変換プラグインを plugin フォルダに入れる


プロジェクトファイルの plugin フォルダを開きます。

data > others > plugin ← これ

この plugin フォルダにテーマ一括変換プラグインのフォルダを丸ごと入れます。

その1なら theme_kopanda_01 フォルダ
その2なら theme_kopanda_02 フォルダ

何もいじらずそのままポイっちょしてください。これで準備完了です。



2.テーマ一括変換プラグインを読み込む


以下のようにスクリプトを書きます。


[ plugin name="テーマ一括変換プラグインのフォルダ名" ] 


テーマ一括変換プラグインのフォルダ名は

その1なら [ plugin name="theme_kopanda_01" ]
その2なら [ plugin name="theme_kopanda_02" ]

となります。

システム画面のデザインはプラグインを読み込んだ時点で反映されます。
ゲーム全体に適用したいときは first.ks の最初のほうに書いておくのがベターです。



plugin タグの引数について


plugin タグを書くときに以下の引数が使用できます。引数の初期値は init.ks で設定されています。

font_color: メッセージの文字色(0xRRGGBB 形式)
name_color:名前欄の文字色(0xRRGGBB形式)
frame_opacity:メッセージ枠の透明度(0~255)



ロールボタンの表示・非表示について


プラグインを読み込んだ時点ではロールボタンは非表示となっています。
表示させたい場面で [ add_theme_button ] と記述してください。
非表示にしたいときは毎度おなじみの [ clearfix ] でおっけいです。



ロールボタンを自分好みにカスタマイズしたい


不要なロールボタンを削除したい、ボタンの配置場所を変えたいときは
テーマプラグインの init.ks を開いて編集します。30~70行目あたりです。



専用の glink を使いたい


システム画面のデザインに合わせた glink を使うことができます。

テーマ一括変換プラグイン その1の場合は [ glink color="ts01" (以下略) ]
テーマ一括変換プラグイン その2の場合は [ glink color="ts02" (以下略) ]



システムで利用する HTML を変更したい


セーブ画面、ロード画面、バックログ画面、メニュー画面のHTMLファイルを変更することができます。
変更には[ sysview ] を使用します。引数は以下の2つです。

type・・・save, load, backlog, menu のどれか
storage・・・HTMLファイルが格納されている場所



CSS を変更したい


[ loadcss ] を使用します。引数は以下の1つです。

file・・・cssファイルが格納されている場所



クリック待ちグリフの設定方法


テーマのデザインに合わせたオリジナルのクリック待ちグリフを同梱しています。
tyrano > images > system フォルダを開き、nextpage.gif ファイルを上書きすると反映されます。

関連記事
Posted byこ・ぱんだ

Comments 2

There are no comments yet.
こ・ぱんだ  
Re: 「CG画面」「リプレイ画面」の表示方法について

テーマ一括変換プラグインをご利用くださいましてありがとうございます。
CG画面・リプレイ画面の素材はプラグインには含まれていないため、ご自身で設定していただく必要があります。ティラノスクリプト・ティラノビルダー関連の情報サイト「TYRANOS」様にて、導入方法の解説とサンプルプロジェクトの配布をしていただいております(https://tyranos.me/archives/686)ので、そちらの記事をごらんくださいませ(._.)

2019/01/11 (Fri) 10:12 | EDIT | REPLY |   
Mania  
「CG画面」「リプレイ画面」の表示方法について

「テーマ一括変換プラグイン その6」を導入したのですが、
ゲーム本編内では問題なく利用できています。

しかし、タイトル画面から「CG画面」「リプレイ画面」を表示させる事が出来ず、
ティラノスクリプトのデフォルト画面が表示されている状態です。
ここら辺の解説を追記してもらえないでしょうか?

タイトル画面からの「ロード画面」「コンフィグ画面」については、
title.ksに下記のように書き換えることで問題なく実装できました。(不要部分は省略)

[button role="sleepgame" storage="../others/plugin/theme_kopanda_06/config.ks"]

2019/01/11 (Fri) 03:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply